2010年04月20日

高齢公務員の給与下げに意欲=仙谷担当相(時事通信)

 仙谷由人国家戦略担当相は16日午後の衆院内閣委員会で、国家公務員の給与体系について、「民間の場合は、高齢者はある年齢で賃金が低減していく。そういう賃金カーブを作らなければならない」と述べ、一定年齢を超えた後は給与が下がる仕組みの導入に意欲を示した。 

【関連ニュース】
民主公約の基本概念
最長3年、「日雇い」是正=省庁勤務の非常勤職員
組合の「理解」前提=公務員の人件費削減
「政治家がばかでは国もたぬ」=公務員研修の訓示で鳩山首相
「同じ気持ちで協力を」=新人公務員研修で訓示

<平等院鳳凰堂>CGでよみがえる色や文様(毎日新聞)
入省したての農水省職員逮捕 女子大生触った現行犯 警視庁(産経新聞)
<平野官房長官>仙谷氏を批判 衆参同日選発言(毎日新聞)
21日に党首討論 民・自が合意(産経新聞)
<火災>強風で8棟焼き延焼中 札幌(毎日新聞)
posted by カワチ ジュンイチ at 18:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。