2010年01月30日

早期の計画段階でもアセス実施=環境影響評価法で改正案−環境省(時事通信)

 環境省は28日、今国会に提出する環境影響評価法改正案の概要を固めた。大規模な道路やダムなどの建設による環境への影響を抑えるため、事業者に義務付けている環境アセス手続きを強化。現行法が定める工事着手前の建設計画策定段階にとどまらず、建設する位置などについて複数案が検討されている早期の計画段階にもアセスを実施するよう求める。
 対象事業は、これまでの環境アセスと同様に、4車線以上の一般国道など一定規模を上回るものとする。国の公共事業だけでなく、国の許認可に基づいて民間企業が行う場合も対象に含める。事業者は、ある敷地の中でどの位置に道路やダムを建設するかなどの複数案を設定し、環境への影響を案ごとに評価。評価結果を踏まえながら計画づくりを進める仕組みとする。 

【関連ニュース】
県内移設、「沖合移動」条件に容認=沖縄知事が意見、「普天間」環境アセス
リニア着工、2015年より早く=高速道無料化「交通バランス崩す」-JR東海社長

高級ホテルもペットOK 「家族化」進み客層拡大(産経新聞)
石川容疑者の同期議員ら結成 「考える会」活動停止(産経新聞)
検察審査会初の判断、検察起訴に大きな一石 明石歩道橋事故(産経新聞)
水谷建設元経理幹部「裏金1億円用意」 小沢事務所あてと指示(産経新聞)
東金女児殺害、弁護士が独自鑑定「犯行不可能」(読売新聞)
posted by カワチ ジュンイチ at 22:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。